YUKARI


何をするのか

インドの街並み

インドの代表的な建造物であるタージ・マハル

日本に限らず世界でも内在化している地方過疎問題。
この解決には、新たな観光資源の発掘が必要不可欠です。
それを発掘するのは第三者としての視点。
具体的には、ミャンマー、インド、フィリピン、中国のいずれかを選び、その地域の現状分析や訪れて初めて知る魅力・改めて発見した魅力を発信します。文化も抱える課題も違う4ヵ国から、あなたにカスタマイズされたプログラムを参加することができます。

なぜやるのか

多様な国のインターン生と協働します

地方に新たな観光資源を発掘することが求められている

観光系のインターンシップなら、旅行でもいいと思っていませんか?
しかし、旅行で訪れる地域は観光地に偏ってしまうと思います。
今観光界に必要なことは、地域に新たな観光資源を発掘すること。
 
現在、日本では地方過疎に打ち勝つため観光を使った解決が望まれています。
ですが、地域活性化は日本だけで行われているものではありません。
世界の町や村でも地域活性化は求められているのです。
 
観光資源に必要なものは、「『こんな場所にこんなモノが』という驚き。
地域の当たり前が、非日常を与える観光資源になりうるのです。
だからこそ、日本人が海外で新たな観光資源を第三者の目で発掘することは意味があると考えています。

インターンシップ内容

1.インターンシップ前

自分を知る、観光を学ぶ

自己内省・ワークショップの2つを設けています。自己内省では、自己/他者分析・ロールモデルの設定を通し、インターシップ中の目標を決定します。ワークショップでは、観光化や現地の文化を双方向に学ぶほか、メディア発信に必要なスキルも学びます。

2.インターンシップ中

地域を知る、世界に発信する

世界中から集まった参加者と共に訪れた地域の現状分析を行うことで、今まで見えなかったその地域の新たな魅力を発掘します。
また、あなたが感じたその魅力をメディアを通して世界に発信し、地域に新たな観光資源を生み出します。

3.インターンシップ後

自分を振り返る、世界に発信し続ける

帰国後は、プロモーション素材のブラッシュアップや現地での体験のプレゼンテーション・記事作成などの「発信機会」を設けています。また、渡航中の行動を振り返り・事前に設定した目標の達成度を確認し、その後のキャリア形成も行います。

こんな人に来て欲しい!

必須項目

地方過疎問題 or 観光化に興味があること

任意項目

地域のPR動画/記事をつくってみたいという意思があること

Message

観光資源を開拓する視点を持つことで、これまで見ていた観光地が一味違って見えてくるかもしれません。楽しみながら成長できる機会になることは間違いなしです。
 
まだ知られていない魅力を発信する第一人者になりませんか?
そして、あなたがその土地の未来をつないでみませんか?