MediX


何をするのか

インドでのインターンシップの様子

ウガンダでのインターンシップの様子

海外の病院での実戦、または研究のインターンシップから選択をします。前者はウガンダの病院にて、病院に必要な様々な業務周りから、技術力によっては実際の治療にまで、幅広く病院での業務を経験します。また、地域の健康促進活動として、メディアなどを通じた発信活動も行います。後者はインドの医学系大学において、医学・薬学・心理学をベースとした実際の研究所でのインターンシップとなり、日本の研究所とはまた異なった医療文化および観点からの研究を体感できます。

なぜやるのか

現在医療という業界は、医学部や看護学部などの医学系集団と、外部から医療業界にアプローチしようとする集団に分かれています。
しかし、医療における課題は医療費の増大、赤字経営の病院、新技術の導入にあたっての倫理的配慮など、ただ医療の業界内で解決される問題ではなくなってきています。
そういった課題を解決するためには、医療以外の他分野を巻き込んだイノベーションが求められています。
そこで私たちは高い壁として聳え立つ医療課題を乗り越える手法として、海外という異質で、最も自己の倫理観が試される環境における協働経験が最も有効であると考えています。

インターンシップ内容

1.インターンシップ前

医療人によるインプット機会

株式会社エーザイ様、Japan Heart様という、医療のプロたちをパートナーとし、渡航先、インターンシップ内容に合わせたインプットの機会を設けています。

2.インターンシップ中

自分の力をアウトプット!

臨床か研究のどちらかを選択し、自分が今まで学んできたことを実践します。
インドでは自分のやりたい研究、ウガンダでは臨床現場に関わることができます。

3.インターンシップ後

医療人メンターによるサポート!

日本で活躍する医療関係の教授にメンターとしてついてもらえます。
こちらはインターンシップ後だけでなく、インターンシップ全体をサポートしてもらえる、豪華な内容になります!

こんな人に来て欲しい!

必須項目

医療業界に携わりたいと考えている。

任意項目

医療に関係する学部に所属し、学んでいる。

Message

現在の医療にどこかしら違和感を持っている人。
何かビジネスを生み出したいが、協力したいと思える協力者が見つからない人。
海外という未知なる領域に、医療人として足を踏み入れたい人。

今こそこのプログラムを通じて、100年先の医療を創る仲間に出会いましょう。
きっと今のあなたが見えている世界を広げる何かが待っています。