Eduvation ~教師が「せんせい」になる。~


何をするのか

現地での授業の様子1

現地での授業の様子2

「せんせい」になります。
私たちEduvationは教師と「せんせい」を別のものだと考えています。教師は教育免許を取ればなれる職業です。一方で、「せんせい」は教師は教師でも、アツい思いと行動力を持った素敵な教師のことを指します。
「せんせい」になるためには、大学の授業を受けることの他に、教育の理想を描くこと・行動することが必要です。
そこでカンボジアやスリランカで現地の子どもたちと向き合い、教師志望の自分を見つめ直します。
その思いと行動が、あなたが教師となる未来へつなげていきます。

なぜやるのか

学校での日常の様子

今まであなたが関わってきた教師ってみんな「せんせい」でしたか?
「自分のこと全然見てないな。」「なんでそんなひどいこと言うんだ。」
逆に「せんせい」はいましたか?
「話聞いてもらうとすっきりするな。」「すっごい背中おしてくれた。」
どちらも思ったことが一度は誰でもあると思います。
では、あなたはどっちの教師になりますか?
教師は教育を動かす人です。
教育は人、社会を変えるからこそ、教師が素敵な「せんせい」になれば、世界はもっと素敵になる。
そこで、教師志望の学生が未来の「せんせい」になることを私たちはサポートします。

インターンシップ内容

1.インターンシップ前

「せんせい」を描く

Eduvationのコミュニティで自分の会ってみたい校長先生や現役の教師、教育を志す同じ世代の人に会って、自分の理想の「せんせい」を模索します。
2回の事前準備合宿を通して、教育や自分らしさを考え、目標設定します。

2.インターンシップ中

「せんせい」への第一歩を踏み出す

スリランカやカンボジアの教育施設で、ダウン症の子どもや経済力のない家庭の子ども、スラム街の子どもに英語や算数や文化の授業をします。
実際に目の前の子どもの教師になることで、自分の理想の「せんせい」を考えます。

3.インターンシップ後

「せんせい」になる

インターンシップ前に協力していただいた先生にインターンの経験を話したり、次期インターン参加生にプレゼンしたりと発信する機会を設け、さらに学びを深めます。
また事後合宿で、同時期に教育のインターンに参加した仲間と、インターンの学びを振り返り、ともに自分の将来について考えます。

こんな人に来て欲しい!

必須項目

教員免許を取得しようと思っている、または取得していること
※上記の免許は、中学校教師の免許を指しています。
 教師になると決めきれていなくてもインターンシップへの参加は可能です。

任意項目

なし

Message

教師が「せんせい」になる。
あなたは今のままで「せんせい」になれますか?
このまま順調に大学生活を歩み教員免許を取れば、あなたはきっと教師にはなれる。
では、本当にこのまま『順調に』進んで、あなたはあなたの憧れた「せんせい」になれるでしょうか?
 
Eduvationとともに「せんせい」になりましょう。